顔汗

顔汗

顔汗は服で隠すことができませんから、
顔汗を止める対策を採ることが大切です。

顔汗 > 顔汗

顔汗を止める方法

 顔に汗をかき始めてしまったら、まずは首や脇の下を冷やすことが重要です。発熱した時に首や脇の下など太い血管が通っているところを冷やすとよいというのと同じ原理です。

 また顔汗を抑えるツボをおさえることも有効です。手を握った時にできる、小指の横の感情線の延長上にある「こけい」や、手首内側の小指側付け根から、腕方向に1.5㎝下にある「いんげき」 などが代表的なツボです。

 さらに筋肉や神経をリラックスさせることも有効のようです。基本的に汗をかく時は交感神経が優位になっている状態ですので、リラックスして副交感神経を働かせることで、交感神経を鎮めてバランスを取れば汗は抑えられるようです。

 ただし、これらの対策は外出先などで起こってしまった場合にはなかなか採りにくい方法だと言えます。

顔汗をかかない方法

 女性の場合、顔に汗をかいてしまうと化粧崩れなどが気に なってしまいますよね。その意味ではかき始めた汗を止める方法よりも、顔汗をかきにくくする方法が重要です。

 まずは舞妓さんが顔に汗をかかないことでも知られているように、胸の少し上の「おくえい」や脇の真下にある「だいほう」といったツボを顔汗防止ベルトで刺激することで、顔の汗を抑えることができるようです。

 また最近では、日本で初めての顔専用制汗剤が発売されていますので利用するとよいと思います。

サラフェ

 

サラフェの公式サイトはこちら >>

日本初の顔汗用制汗ジェルです!

■ メイク前にさっと塗るだけで顔汗を防いでくれます。
■ 洗顔フォームで簡単に落とすことができます。
■ 女性に嬉しい和漢エキスとアロマ成分を配合。
■ 薬用成分配合だから敏感肌の方でも使用可能。
■ 国内製造だから安心です。

サラフェの公式サイトはこちら >>

パースピレックス 顔汗

 医療機関専売品であるパースピレックスという制汗剤があるそうです。塩化アルミニウムを配合して、汗そのものを止めてしまうように作られた制汗剤のようですが、実はこれと同じものがデトランスαとして市販されているようです。

 ただしパースピレックスのサイトを見ると、脇、手、足の汗を抑えるとして、顔は含められていません。ということは、デトランスαも顔に使うには成分濃度が高過ぎる ので、顔汗対策には使わない方がよさそうです。顔は皮膚も弱く、デリケートなので副作用が起きると大変です。顔汗対策にはやはり顔専用の制汗剤を使用した方が安心ですね。

顔汗用・制汗ジェル

顔汗 トップへ戻る

Copyright 2016 © 顔汗 All Rights Reserved.

  • SEOブログパーツ

seo great banner